エアコンの選び方

エアコン

フロアに合ったもの

オフィスなどでは、フロア面積が広くなるため業務用エアコンが設置されていることが殆どである。業務用エアコンは天井に埋め込まれたタイプのものが多く、出力が強いことが大きな特徴である。1台の室外機で複数の室内機の排気処理ができることも業務用エアコンの特徴となっている。これらの業務用エアコンを利用する際には、フロアに応じた台数の設置が重要になる。フロアの広さに対し、台数が少なすぎる場合には少ない台数のエアコンが常時フル稼働することになる。この場合、室内が冷えにくかったり温まり難くなるうえ、電気代も多くかかる傾向がある。その為、フロア面積に応じた適切な台数の設置が必要になる。また、出力の大きさも重要である。業務用エアコンでも、機種により強力な出力なものとそうでないものがある。強力な出力のエアコンでは、1台でカバーできるフロアが広くなるため、設置台数を減らすことが可能になる。その他、消費電力も重要な要素になる。業務用エアコンでは、出力が強いためその分電力も多く消費する。また、ドアの開け閉めなどが行われる回数が多くなるため、外気の影響も受けやすい。その為、出来るだけ省エネ性能の高いエアコンを導入することが特に重要になる。オフィスにおける電力消費の大部分をエアコンが占めているため、省エネ性能の高い業務用エアコンを導入することで電気代削減に繋げられる。業務用エアコン設置では、フロアに合ったものを導入することがポイントである。

Copyright© 2018 エアコンの取り付け時に考えるべきこと【スタッフと工事】 All Rights Reserved.